めっき可能なサイズはどのくらいでしょうか。
長さ:6500mm×高さ:1200mm×幅:300mmまでが処理可能です。
それ以上は電話にてお問い合わせください。
電気亜鉛めっきと溶融亜鉛めっきは何が違いますか。
溶融亜鉛めっきは亜鉛を融点まで温度を上げてその中に浸漬するめっき法です。
電気亜鉛めっきは、めっき液中にある亜鉛を直流電源により析出させる方法になります。
弊社の亜鉛めっきは電気めっきです。
特徴として、めっき温度が25度付近なので、温度による変形がありません。
めっき加工の依頼は初めてですが、通常納期はどのくらいですか。
特別な形状でなければ、2〜3日です。
処理可能な重さは何Kgまででしょうか。
実績では、250Kg〜300Kgまでですが、お問い合わせください。
建築金具等の製造とは何ですか。
アーク溶接による組み立てを行っています。
同じ形状のものをプログラム動作により、安定した品質で製造できます。
その後、めっき加工も行えます。
亜鉛めっきの再めっき処理はできますか。
腐食の進行程度にもよりますが、一度めっきを剥離してから再めっきをします。
仕上がりにムラがあるので、詳細な事前打ち合わせをお勧めします。
めっき加工は個人でも対応してもらえるか。
可能です。
1.金属の種類 2.めっきする物のサイズ:縦×横×高さ 3.使用場所(必須ではない)
〒314-0012 茨城県鹿嶋市平井灘2279-11
TEL.0299-83-0511
Copyright (C) 2018 MEPCO MIZOGUCHI PLATING CO,.Ltd. All Rights Reserved.