電気亜鉛めっきは鹿嶋市の溝口鍍金株式会社へ、大型から小型まで、溝口鍍金は少量多品種・長尺大物も喜んで対応します
様々な業界でめっきの技術は使われていますが、私たちの主力となるめっきは防錆です。
その中でも長年にわたり続けているのが、自動車の走る、曲がる、止まるに関わる装置部品へめっきをしています。
重要保安部品とは以下のように定義されております。
その部品の不具合によって保安基準に適合しなくなるものを保安部品と呼ぴます、なかでもクルマの基本性能である、走る、曲がる、止まるに支障をきたす装置および火災など、重大な事故に至る装置を構成する部品を重要保安部品という。
法令などで定められたものではなく、クルマの品質管理上で呼ばれている。保安上重要な装置には、動力伝達装置、かじ取り装置、制動装置、緩衝装置、燃料装置などがあり、これらの装置を構成する部品のすべてまたは一部が重要保安部品に該当する。
例えば、クルマを止める機能をもつ制動装置では、それを構成するブレーキペダル、マスターシリンダー、パイプとホース、ホイールシリンダー、パッドとライニング、ディスクとドラムなどすべてが該当する。
日本においては、道路運送車両法に保安基準があり、下記の部品が対象となっています。
ブレーキ
計器類(スピードメーター)
警音器(ホーン)
後写鏡(リアビューミラー)
前照灯(ヘッドランプ)
方向指示器(ターンシグナルランプ)
ナンバープレート取付板
ブレーキ燈(ブレーキランプ)
番号灯(ナンバープレート照明灯)
尾灯(テールランプ)
後部反射器(リフレクター)
このように法令で装備が義務づけられている大切な部品のことであり、安全を確保するためには防錆のめっき加工が必須となります。
溝口鍍金では自動車重要保安部品めっき加工も対応しております。まずはお気軽にご相談ください。
〒314-0012 茨城県鹿嶋市平井灘2279-11
TEL.0299-83-0511
〒314-0012 茨城県鹿嶋市平井灘2279-11
TEL.0299-83-0511
FAX.0299-83-1351
電気亜鉛めっき
重要保安部品の防錆加工
化学研磨
めっきの分析・評価
お知らせ
よくある質問
会社概要
採用情報
お問い合わせ
サイトポリシー
プライバシーポリシー
Copyright (C) 2018 MIZOGUCHI ELECTRO PLATING Co,.Ltd. All Rights Reserved.