電気亜鉛めっきは鹿嶋市の溝口鍍金株式会社へ、大型から小型まで、溝口鍍金は少量多品種・長尺大物も喜んで対応します
亜鉛めっきはめっき被膜内部の素材を犠牲防食の作用により防錆するめっきの種類で、機械部品に使用されるボルトやナットなどに多く使われています。
1.電気亜鉛めっきは錆びにくい、強固な耐食性
亜鉛めっきの特性は、防錆であり鉄の錆止め効果があります。素材が錆びにくいため色々な機械などに数多く使用されております。
亜鉛は大気中で溶解し水酸化亜鉛(白錆)になりますが、
その間は鉄の腐食を防いでいます。亜鉛の酸化を防ぐためにクロメート処理を行い、同時に外観を向上させています。
2.電気亜鉛めっき処理のコスト
他のめっき加工に比べると電気亜鉛めっきはコスト的にも安価になるため支持を得ております。
鉄などをめっき液に浸して、電気を介しながら亜鉛をめっきする処理法のことですが、めっき液は基本的に以下の三種類が用いられます。

1.青化浴
2.酸性浴
3.ジンケート浴(強アルカリ性のめっき液)
・建築物部品・建設物部品・土木部品(橋・道路・橋・屋根・外壁・各補強金具etc...)
・自動車部品(ボディ・エンジン・ガソリンタンク・ドアetc...)
・各家電製品(冷蔵庫・洗濯機・エアコンetc...)
・電気機器・電子機器(時計・パソコン・電気照明・配電盤などetc...)
・家具(机・椅子・キッチン・ロッカー・キャビネットetc...)
など他にも多数ございます。
溝口鍍金の亜鉛めっきは長期保証。
亜鉛メッキは代表的な防錆法として広範囲で用いられています。
防錆にきわめて効果的であるうえに外観的な美しさも手伝い、あらゆる業界の用途に採用されています。
化成処理の選択肢として、有色クロメート、3価クロメート、ユニクロの3種類を保有し、弊社の亜鉛めっきはめっき後の適度な曲げ加工にも追従する特性を持っています。
少量多品種・長尺大物に対応しております。溝口鍍金株式会社では、あらゆるお客様のニーズにお応えするべく、「より確実に」「より正確に」はもちろんのこと、「少量多品種」のご注文や、6,7mまでの「長尺大物」、または「細かいもの」までなんでも処理が出来ます。ぜひご相談ください。
例えば少量多品種であれば
・発電所の単品部品工作
・工作機械の台(300kgの単品)
長尺大物であれば
・6mの油圧用配管、燃料配管
・大物の建築部材
などの処理例がございます。
1.めっき設備
全自動キャリア式電気亜鉛めっき(最大長6.7m 重さ約300kgまで処理が可能)・・・2ライン
輸送機器用配管専用めっき・・・1ライン(平成17年更新)
2.分析機器
電解式メッキ膜厚測定器・・・2台(平成26年更新)
蛍光エックス線分析装置・・・1台(平成28年更新)
マイクロスコープ・・・1台(平成30年更新)
3.輸送
10tトラック・・・2台
2.0tフォークリフト・・・3台
2.5tフォークリフト・・・1台
4tトラック・・・1台
溝口鍍金では亜鉛メッキ作業を得意としており、受注体制はしっかりしています。自動車用 フルトンチューブ(ガソリンパイプ)長尺(6.5m)も可能です。電気亜鉛めっき加工は溝口鍍金株式会社に、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
〒314-0012 茨城県鹿嶋市平井灘2279-11
TEL.0299-83-0511
Copyright (C) 2018 MEPCO MIZOGUCHI PLATING CO,.Ltd. All Rights Reserved.